キャッシングで身を滅ぼさないためにTOP > キャッシングをする前に > 本当にお金が必要か考えてみよう

本当にお金が必要か考えてみよう

 
キャッシングをする前に考えるべきなのが、本当にお金が必要なのかどうかということです。そのお金を何に使うのか、その使うものは本当に今必要なのか、今お金を使わなければならないものなのか、それをまず考えてみましょう。たとえば、生活必需品であればまだしかたがないかと思います。日常での食料品の購入や、家賃や水道光熱費などの支払い、
あるいは衣服の購入、医療費、その他必要となる費用は多々あります。しかし、娯楽費であるとか、ぜいたく品、見栄をはるために使うこと、それらが目的であれば今一度必要であるのかどうかを考えるべきだと思います。

収入の範囲内で生活しよう


毎月の給料であるとか、収入の額には限りがあります。しかし、物欲やその他の欲求には限りがありません。思うままにそれらをみたすことをしていると、お金がいくらあっても足りるわけがありません。今すぐには必要のないものを買い続けたりお金を使い続けたりしていると、本当にその時に必要なものを買うお金がなくなってしまい、急場をしのぐためとばかりにキャッシングに頼ってしまうことになるでしょう。まずはお金を使う前に、それが今本当に必要であるのかどうかを考えることが必要なのではないでしょうか。

無駄遣いをなくそう


何も買わずに、お金を使わずに、けちけちした生活をしろと言うわけではありません。必要なところにはお金をかけて、それがスムーズにできるようにするためには、ふだんから不要な物や事柄にお金を無駄づかいするべきではないということです。電機の無駄遣いをなくす節電という言葉が一時期国をあげて奨励されましたが、お金においても同じことで、無駄づかいをなくして自分の収入の範囲だけで生活ができるようにすべきなのです。

お金が必要になる場面においても、より安くすませられないか、たとえば自家用車を使うか電車で移動するかどちらが安くなるのか考えてみたり、同じ商品であってもコンビニよりもスーパーのほうが安く売られていることがほとんどなので、できるだけスーパーを利用するなどほんの小さなことですが、お金をうまくやりくりして使うコツがあります。
 

関連コンテンツ

本当にお金が必要か考えてみよう

キャッシングをする前に考えるべきなのが、本当にお金が必要なのかどうかということです。そのお金を何に使うのか、その使うものは本当に今必要なのか、今お金を使わなければならないものなのか...

借金をするという認識をしよう

キャッシングと聞くと、言葉がやわらかく親しみが持てるイメージがわきますが、キャッシングははっきりいって借金です。金融業者からお金を借りて、借りたお金は当然返さなければなりません。そ...

多重債務の果てに自己破産することもある

一度のキャッシングをきっかけにして、お金を借りて使うことに慣れてしまうと、それはやがて中毒のような症状に陥ってしまうことになります。手軽にお金を借りられるという感覚を持ち、不必要な...