キャッシングで身を滅ぼさないためにTOP > キャッシングをする前に > 多重債務の果てに自己破産することもある

多重債務の果てに自己破産することもある

 
一度のキャッシングをきっかけにして、お金を借りて使うことに慣れてしまうと、それはやがて中毒のような症状に陥ってしまうことになります。手軽にお金を借りられるという感覚を持ち、不必要なものまで買ってしまったり、そういった生活を続けているうちに、キャッシングの返済しなければならない残高は増え続け、利用枠がいっぱいになったら、別のカードを作ってまたそれを使うといった繰り返しになります。そうなると当然返済しなければならない金額も大きくなり、月々の給料などの収入だけでは返済しづらくなり、キャッシングの借入金を返済するために、別のカードでキャッシングをするという悪循環にはまってしまい、いつのまにか何社もの金融業者から多額の借金をして、借金の総額が何百万円にもふくれあがる多重債務の状態になってしまうこともあります。くれぐれも計画性のないキャッシングは控えるようにしましょう。

多重債務からの自己破産


しかし、借入ができる総額には限度があるため、無尽蔵に借り入れを続けられるわけではないのです。そして、どこからも借り入れができなくなり、そして、月々の収入では返済ができなくなってしまった後、自己破産をしてそれまでの借金を清算しなければならなくなる事態に陥ることも起こりうるのです。自己破産をするとその後長期間にわたってどこの金融業者からも借入をすることができなくなります。また、クレジットカードを作ったり、商品を購入する際にローンを組むことも困難になります。また、自己破産の免責が決定した後には、その人の必要最低限の家財道具などの財産を残して、その他の所有財産はすべて処分されることになります。その売却代金が債権者である金融業者等に分配されるわけです。この自己破産をする方は年々増えている傾向にあります。知人の連帯保証人になったことが原因であるとか、事業に失敗したなどの理由で自己破産をする方もいらっしゃいますが、キャッシングの多重債務が原因で自己破産をしなければならなくなった方も年々増え続けています。
 

関連コンテンツ

本当にお金が必要か考えてみよう

キャッシングをする前に考えるべきなのが、本当にお金が必要なのかどうかということです。そのお金を何に使うのか、その使うものは本当に今必要なのか、今お金を使わなければならないものなのか...

借金をするという認識をしよう

キャッシングと聞くと、言葉がやわらかく親しみが持てるイメージがわきますが、キャッシングははっきりいって借金です。金融業者からお金を借りて、借りたお金は当然返さなければなりません。そ...

多重債務の果てに自己破産することもある

一度のキャッシングをきっかけにして、お金を借りて使うことに慣れてしまうと、それはやがて中毒のような症状に陥ってしまうことになります。手軽にお金を借りられるという感覚を持ち、不必要な...