キャッシングで身を滅ぼさないためにTOP > こんなキャッシングは絶対ダメ! > 闇金融

闇金融について

 
どれだけお金に困っても、ヤミ金とよばれる闇金融業者を利用することは絶対にやめましょう。闇金融業者とは、文字どおり金融業の所轄官庁である財務局や都道府県の認可を受けずに開業された金融業者で、非合法な利息を取り暴利をむさぼっています。その利息は年利計算ではなく、「10日で1割」や「10日で3割」といった形で徴収されます。10日で1割は「トイチ」、10日で3割は「トサン」などとよばれ、いずれも法定利息を大幅に超えた非合法の利息です。主にスポーツ新聞に広告を掲載したり、名簿屋とよばれる業者から多重債務者のリストを買い、ダイレクトメールを送ったり、電柱や公衆電話などにチラシを貼るなどして集客しています。

ヤミ金を利用する人とは


このヤミ金を利用する方は、ほとんどが消費者金融やクレジット会社から多額の借り入れをしており、各社の借入限度額がいっぱいでもう借り入れができない状態であったり、借り入れの残高が年収の3分の1を超えており、あらたに借り入れができないといった事情によって、しかたなくヤミ金で借り入れをするといったケースです。また、例としては少ないのですが、それらのヤミ金業者を一般の金融業者と間違えて、ごく普通の消費者金融やクレジットからの借り入れもできるのに、ヤミ金から借りてしまったといった例もあります。ヤミ金業者の中には大手企業の社名を流用するなど、それらの企業と関連があるかのように思わせ、集客につなげるといった手法をとっているところも多く、混同しないように注意が必要です。

もしヤミ金で借りてしまったら


もしヤミ金からお金を借りてしまった場合は、すぐに警察や貸金業協会、あるいは役所等が行なう法律相談などで相談をすることをおすすめします。現行法ではヤミ金業者から借り入れをしたお金は利息も元金も支払いをしなくていいと定められており、強引な取り立てがあった場合などはすぐに警察に通報しましょう。ただし、最近はヤミ金の手口もより巧妙になってきており、会社として貸し付けるのではなく、個人対個人の貸借とする形をとる業者も多くなっており、その場合は摘発が困難となっているため、十分に注意しましょう。
 

関連コンテンツ

闇金融

どれだけお金に困っても、ヤミ金とよばれる闇金融業者を利用することは絶対にやめましょう。闇金融業者とは、文字どおり金融業の所轄官庁である財務局や都道府県の認可を受けずに開業された金融...

ギャンブル

ギャンブルのための借金は絶対にやめましょう。ギャンブルはお金を借りてまでやるものではないのです。お金に余裕があり、勝ち負けにはさほどこだわらず、ギャンブルを娯楽として楽しむ程度であ...

借金の返済

借金を返済するために別の金融業者から借り入れをするといったことをされている方を時折見受けることがあります。しかし、それはそうした借りかたはすべきではありません。それを繰り返すと借金...